自分のライフスタイルにあった大阪のカーコーティングを選ぶ

サイトマップ

Carcoting

ワックスがけとカーコーティングの違い

赤い車

ワックスがけとカーコーティングには大きな違いがあります。
ワックスは、主にロウと石油系の溶剤で構成されているので、「油」で出来ています。ワックスを塗ると深いツヤが出ますが、雨や洗車で流出し、残ったロウが固まって水垢の原因になります。熱にも弱く、綺麗な状態は1ヶ月程度と短いです。
カーコーティングは、塗装面と化学反応を起こし強靭な被膜を形成します。それがススや油汚れなどを防ぎ、ツヤを出してくれます。細かいキズを埋めて、キズも付きにくくしてくれます。洗車はシャンプーや水洗いだけで済むので、お手入れも楽です。カーコーティングには、ポリマー系コーティングとガラスコーティングの2種類があります。ポリマー系コーティングは、シリコンやフッ素などを含んだ高分子重合体で構成されています。比較的安価で強いツヤを出すので、人気が高いです。大阪のお店に出しても40分~1時間で出来上がるメリットもあります。しかしキズが付きやすく、3ヶ月~6ヶ月程度でメンテナンスが必要になります。それよりキズが付きにくくツヤが長持ちするのが、ガラスコーティングです。1年~3年間メンテナンスが不要のものもあります。しかし、大阪でお店に出すと値段が高く、時間も2日以上かかることもあります。
ご自身にに合ったカーコーティングを選んで、大阪でカーライフを楽しみましょう。

New List

TOPへ